読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気がつけば電子書籍派

Kindle本を読むときのあれこれ・Kindle関連のいろいろ

自炊という電子書籍化に勤しんでいる人たちがいるらしい

Kindle Kindle-雑記

f:id:tetuneco:20160210132231j:plain

 

 

先日、本を裁断しなくても、きれいに読み取ってくれるスキャナーが発売されたというニュースを見かけました。

internetcom.jp

 

紙の本をスキャナーしてデータ化することを「自炊」というそうです。

知らなかったー。

調べてみたら、自炊用の裁断機も売られておりました(48,540円でした。)。

DURODEX 自炊裁断機 ブラック 200DX

DURODEX 自炊裁断機 ブラック 200DX

 

 

自炊600冊以上のお方もいらっしゃるみたいで、どんどん本を電子化していらっしゃるそうです。

ushigyu.net

 

こちらの方は、ブックオフで古い漫画を買ってきてKindle化されておられるみたいです。

seminimalist.info

 

 

私も、紙の本をたくさん持っていましたけど、残らず売るか捨てるかしてしまいました。こういう方法で、本を保管する方法があったとは知りませんでした。

 

私としては、このブログの最初に、電子書籍のメリット・デメリットを書きましたが、本を買う派の私にとっては、本の電子書籍化については、場所をとらない、後に残らないという点で、生活のシンプル化・終活に欠かせないツールだと思っています。

 

でも、必要に応じて紙の本を買うこともあります。本の内容によっては、紙の本のほうがいい場合もあります。

 

ただ、電子化することを前提で、紙の本を買ってくるという発想はなかったー。

 

(メリット・デメリットの記事はこちらです↓)

kindle-howto.hatenadiary.jp

 

東京秋葉原には、自炊専門のお店もあり、裁断や読み取り用の機器やブースをレンタルできるそうです。

www.jisuinomori.com

 

どんな形になるにせよ、何を読むかが大事な気がします。