読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気がつけば電子書籍派

Kindle本を読むときのあれこれ・Kindle関連のいろいろ

KindleUnlimited 私が利用しない理由4つ

Kindle Kindle-雑記

f:id:tetuneco:20160706130617j:plain

こんにちは、tetunecoです。

 

8月から始まったKindleunlimitedですが、私はまだ利用していません。

 

ブログタイトルにあるとおり、私は、すでに電子書籍派に転向して、ほとんどKindleでしか本を読まず、Kindlepaperwhiteも持っているし、おまけに月間25冊くらいは本を読んでるのにです。

 

その理由は、4つあります。

 

 

理由1 私は雑誌、コミックを読まない 

私は、雑誌やコミックを全く読まないんです。

なので、unlimitedの対象になっている雑誌、コミックの品揃えについて、よくわかりません。

よくわかりませんが、日頃から、雑誌やコミックを読む方には、種類もなんだか豊富そうだし、いいサービスのような気がします。

 

が、雑誌やコミックを読まない私にとっては、Unlimitedを始める動機にはなりませんでした。 

 

 

理由2  読みたい本がなかった

じゃあ、雑誌・コミック以外を読んだらいいじゃないのと思われるかもしれません。

実は私も、Kindleunlimitedが始まってすぐ、無料登録は、してみたんですよねー。

そして、いろいろざっとどんな本があるのか見てみましたが、残念ながら、読みたいなと思う本があんまりありませんでした。

それで、Amazonプライム会員の無料登録と同じく、無料期間の終了とともに正会員になっちゃうといけないので、すぐ登録を解除しました。

 

以来、私の読みたい本が unlimitedの対象になってたら、その時また登録を検討しようと思っていますが、今のところ出会えていません。

 

 

理由3  たくさん買っても読む時間がない

でもまあ、980円で読み放題なんだし、探せば何冊か読みたい本も見つかるかもしれないし、数冊ダウンロードしたら、元取れるでしょうと思うかもしれません。

 

しかし、あたりまえですが、時間は1日24時間しかないわけで、980円で読み放題といっても、本を読む時間は増えないんですよね。時間は有限なのであります。

 

実は、この理由3が、私にとっての最大の理由と言っていいと思います。とにかく、本をたくさんダウンロードすることができても、読む時間がないんです。

 

それと、私だけかもしれませんが、Unlimited対象の本の中から、読みたい本を探す作業というのが、案外、時間がかかってしまうんです。

本を探しに、図書館や本屋さんをふらつくのとは違い、Amazonの画面とにらめっこをするのは、結構疲れます。

 

 

 理由4 図書館でいいと思う

Unlimitedで読み放題とはいえ、対象となっている本の中から選ばなくてはならない。すべての本が対象とはなっていないので、あくまでも、決められた範囲内でのUnlimitedです。

 

私にとってみれば、それは、図書館へ行って、そこにある本の中から選んで読むのと同じなのです。それは、いわば、入場料980円の図書館なのです。

そう考えると、今の状態だと、図書館の方が、無料で、いい本もいっぱいある気がするんです。

980円払うくらいなら、図書館でいいんじゃないかなぁ。

 

 

 

 

そんなわけで、読みたい本も、無制限に本を読む時間も、限定された中から本も読むのもなんだか嫌で、今のところ、KindleUnlimitedやってないんですー。

 

 

 

* 電子書籍のメリットとデメリット 

kindle-howto.hatenadiary.jp