読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気がつけば電子書籍派

Kindle本を読むときのあれこれ・Kindle関連のいろいろ

小説まとめ買いしましたー おすすめ小説10冊

おすすめリスト

f:id:tetuneco:20150815143150j:plain

AmazonKindleのセールを機会に、小説10冊をまとめ買いすることにしましたー。

 セールは終わってしまいましたが、私が買った小説一覧として残しておきますので、参考にしてください!

 

読んだ感想は、読み終えた順に掲載していきますので、よろしければそちらもどうぞ。

どれから読むかは、私の気分次第!

 

果しなき流れの果に (角川文庫)

小松左京さんの作品も何点か出ていました。今回はこのSFの傑作を買いました。 

果しなき流れの果に (角川文庫)

果しなき流れの果に (角川文庫)

 

【読了】★★★★★★

(大変良い:タイムトラベルは、SFにおける永遠のテーマだね)

私の感想は、こちら↓

果しなき流れの果に 時間と空間を自在に操る著者の筆力に酔う - 本を読んで社会をのぞき見

 

 

顔のない男 (文春文庫)

 交友関係のない(顔のない男)のお話らしいです。なんか怖くないですか。

顔のない男 (文春文庫)

顔のない男 (文春文庫)

 

 

 

暗色コメディ (文春文庫)

 連城三紀彦さんの本は「恋文」しか読んだことがなかったので、この機会に。

暗色コメディ (文春文庫)

暗色コメディ (文春文庫)

 

 

 

48億の妄想 (文春文庫)

 筒井康隆処女長編作とのこと。楽しめるはずの本。

48億の妄想 (文春文庫)

48億の妄想 (文春文庫)

 

 

 

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)

 途中に笑いを挟みたかったので。たくさん笑えるといいなぁ。

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)

 

 

 

怪談を書く怪談<怪談を書く怪談> (幽ブックス) 

怪談の本なのに、著者の実体験を書いた本らしいです。

怪談を書く怪談<怪談を書く怪談> (幽ブックス)

怪談を書く怪談<怪談を書く怪談> (幽ブックス)

 

 

 

復讐するは我にあり (文春文庫)

 実話を元に書いた直木賞作品。読みたかった本だったので。

復讐するは我にあり (文春文庫)

復讐するは我にあり (文春文庫)

 

 

 

依頼人は死んだ (文春文庫)

 どうも後味のよくない短編集らしい。

依頼人は死んだ (文春文庫)

依頼人は死んだ (文春文庫)

 

【読了】★★★★☆☆

私の感想は、こちら↓

依頼人は死んだ いやーな読後感に、はまる人はハマる - 本を読んで社会をのぞき見

 

 

西村京太郎さんによる名作ミステリーのパロディ。読むのが楽しみ!

新版 名探偵なんか怖くない (講談社文庫)

新版 名探偵なんか怖くない (講談社文庫)

新版 名探偵なんか怖くない (講談社文庫)

 

 

 

10 

島田荘司さんのミステリーは初読みです。

御手洗潔のダンス (講談社文庫)

御手洗潔のダンス (講談社文庫)

御手洗潔のダンス (講談社文庫)

 

 

今回のセールは、なかなか収穫ありでした!
 
 
*日替わりセールはこちらです