読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気がつけば電子書籍派

Kindle本を読むときのあれこれ・Kindle関連のいろいろ

Kindleアプリ使い方(iPhone) フラッシュカードを作ろう!

 Kindleアプリには、「フラッシュカード」という機能があります。
これは、本の中でマーカー引いた(ハイライト機能)ところを集めたカードを作ってくれるという機能です。
単語を覚えるための単語カードみたいなものです。
 
では簡単なので早速作ってみましょう!
 
 
今日の見本となってくれた本は、人を操る禁断の文章術です!
人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術

 

 

マーカーを引こう(ハイライト機能)

まず、カードにしたい言葉に線をマーカー引きましょう。
f:id:tetuneco:20160212222858p:image 
 
 マーカーを引きたいところをめがけて、抑えます。
レンズみたいなものが出たら、指でなぞります。

f:id:tetuneco:20160212231148p:image

 
そのままなぞると線が引けました。

f:id:tetuneco:20160212231157p:image

 
 わかりやすいように、3か所ほど引いてみました。
線が引けたら、真ん中をタップします。

f:id:tetuneco:20160212231212p:image

 
 

フラッシュカードを作ろう

 左上をタップします。

f:id:tetuneco:20160212231202p:image

 
 「フラッシュカード」をタップします。 

f:id:tetuneco:20160212231218p:image

 
真ん中のプラスマークをタップします。

f:id:tetuneco:20160212231207p:image

 
「ノートブックからの新しいデッキ」をタップします。
Kindleアプリでは、カードの束を「デッキ」と呼んでいるようです。 

f:id:tetuneco:20160212231231p:image

 
 ここで、マーカーを引いた色を選びます。
線を引くときに、色分けしておくと、それぞれ別のカードの束(デッキ)にすることができます。
 

f:id:tetuneco:20160212231227p:image

 
 カードの束(デッキ)に名前をつけましょう。
名前をつけたら「保存」をタップします。

f:id:tetuneco:20160212231239p:image

 
 カードができました!

f:id:tetuneco:20160212231243p:image

 

 まとめ

「フラッシュカード」ですが、結構簡単に作れます。
だがしかし、この「フラッシュカード」を何に使うか、がなかなか浮かばない!
やっと幾つか思い付いたので、次回以降、この「フラッシュカード」活用法を紹介したいと思います!
 
 

 *その他の使い方はこちら

kindle-howto.hatenadiary.jp

 

 *kindleセール情報

kindle-howto.hatenadiary.jp

 

 

kindle-howto.hatenadiary.jp