気がつけば電子書籍派

Kindle本を読むときのあれこれ・Kindle関連のいろいろ

電子書籍のデメリット その1 書店へ行く楽しみが減る

f:id:tetuneco:20160322120509j:plain

こんにちは、tetunecoです。

 

私が思う電子書籍のデメリット その1は、「本屋へ行く楽しみが減る」です。

  

書店に行く楽しみ

私にとっての書店は、「本との出会いの場」です。

そして、それは、単に読みたい本を見つけるというのではなく、実際に手に取り、買い、自分のものとして手にするということを意味しています。

確かに、書店を歩き回り、たくさんの本を眺めているだけでも、それはそれで大変楽しいことなのですが、「ああ、この本を読みたい」という本に出会い、その本を連れて帰ることで、私の読書は始まるのです。 

私にとっての書店に行く楽しみは、「本との出会い」を楽しむ場であり、読書の始まりでもあります。 

 

本を本屋で買わないということ

電子書籍で本を読むということは、紙の本を買わないということを意味しております。

そして、書店というのは、紙の本を売るところでありまして、並べられた本を愛でるところではありません。

書店の皆さんは、もちろんやっぱり本を売りたいのであります。

私は、書店が好きで、本を見たい。んでも、できるだけ電子書籍で買いたい。

本を買わないのに書店をうろうろする私は、書店からするとただの冷やかし客なのです。

一度、本屋さんで下見をして、気になった本の電子書籍を買ってみたのですが、どうも後ろめたい気持ちになり止めました。

 

本屋へ行く楽しみが減る

とにかく都会の大きな本屋さんに行き、全く訳のわからないジャンルも含めて、すべての棚を見て回り、内容不明でも気になった本をどんどん買う。

これが私の最高の贅沢です。

 

電子書籍の本を買うとなると、本屋さんへ行く必要がなくなるので、この楽しみがなくなりました。

 

本や散歩は相変わらず私の趣味ではありますが、その回数は減り、自分が読みたい本を探しに行くというより、自分以外の人はどんな本を読んでいて、書店ではどんな本を売りたいのかを見に行くようになりました。

 

まあ、そのうち慣れてしまうのかなぁと思いつつ、書店散歩の楽しさには、今も未練がいっぱいです。

 

 

*電子書籍のメリット・デメリット 

kindle-howto.hatenadiary.jp

 

 *Kindleアプリ使い方(iPhone)まとめ

kindle-howto.hatenadiary.jp

 

 *Kindle日替わりセール買って読むマラソンやってます

kindle-howto.hatenadiary.jp