気がつけば電子書籍派

Kindle本を読むときのあれこれ・Kindle関連のいろいろ

電子書籍のメリット その1 本が安く買える

f:id:tetuneco:20160322112733j:plain

こんにちは、tetunecoです。

 

私が思う電子書籍のメリット その1は、「本が安く買える」です。

 

 

 

そもそも買う必要あるのか

本を手にするには、本屋で買う他にも、図書館で本を借りる、古本を買う、常に人から借りるなど、いろいろな方法があります。

 そもそも借りるなり、もらうなりすれば、お金をかけずに本が読めるわけだし、安いもなにも関係ありません。

 

そんな中、私はというと、もっぱら本は買う派なのです。

 

というのも、図書館で借りていたこともあるのですが、なかなか読めないでいると返す日が気になるし、結局、読まないまま返してしまったりで、長続きしませんでした。

図書館が家から遠いというのもありますが、根本的にめんどくさがりの私には、図書館通いま向いていないみたいです。

 

また、読んだ本を手元に置いておきたいという気持ちも大きいです。

読んだ本を溜め込んでいくというのは、私の全くの個人的な自己満足でしかありません。

しかし、今の私は、これまで読んできた本によって作られていると思いますので、読んだ本を手元に置いて、私は私を確認したいのです。

 

 

中古本でいいのではないか

中古本ショップにも大型チェーン店が登場して久しい今日この頃、中古本ショップでまとめ買いも楽しいひと時です。

古本で十分だと言われそうですが、ここは好みの問題といいますか、知らない人が一度手にした本を手に取るのには、少々抵抗があります。

特に、潔癖性というわけでもないのですが、服も古着を買ったりしないので、同じ感じで中古本も買わないのです。

 

ただ、全く中古本を買わないかというとそうでもなくて、中古本を買うこともないわけではありません。

それはどういう場合かというと、読み終えたら捨てることを前提として本を買う場合です。本からの情報さえ得られれば、すぐ捨てるような本は中古本を買います。

 

電子書籍というだけで安い

電子書籍が登場するまでは、本を安く買うには中古本を買うくらいしは方法はありませんでした。

しかし、私はKindle本を買っているのですが、Kindle本は、そもそも紙の本より価格が安く設定されています。理由はよくわかりません。

これまで、どの本屋さんに行っても同じ値段だった新品の本が、電子書籍化のおかげで、少しですが安く買うことが可能になりました。

無料配布の電子書籍もありますしね。

セールがある

電子書籍の本は、ネットショップごと、出版社ごとにセールが行われています。

私はKindleで本を買っているのですが、毎日何かしらのセールが実施されています。

Kindle本 セール&キャンペーン

いろんなセール・キャンペーンが実施されているので、リアル本屋にふらっと遊びに行く感じで、時々眺めるように覗きに行ってみると掘り出し物が見つかるかもしれません。

 

 

まとめ

結局のところ、本を買って、自分の本を手元に置きたいという自己満足を満たしつつ、安くあげたいというセコイ私の欲望を満たしてくれるのは、電子書籍なのだろうと思います。

 

 

 *私が思う電子書籍のメリット・デメリット まとめ

kindle-howto.hatenadiary.jp

 

*Kindle日替わりセール買って読むマラソンやってます

kindle-howto.hatenadiary.jp

 

*Kindleアプリ使い方(iPhone)まとめー 

kindle-howto.hatenadiary.jp