読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気がつけば電子書籍派

Kindle本を読むときのあれこれ・Kindle関連のいろいろ

Kindleアプリで本を読んでいて気になる 目の疲れのこと ブルーライト対策 メガネ編

こんばんは

iPhoneのKindleアプリでKindle本を読むようになって、一番気にしているのが、目の疲れです。

仕事でパソコンを使いまくった上に、行き帰りの電車はもちろん、眠る前まで隙あらば、iPhoneでKindle本を読む毎日、目にいいはずがありません。 

 

 

 調べてみると、Kindle様は、色々と目に優しい工夫をされているそうです。

 f:id:tetuneco:20160207202044p:image

 機種によっては、ブルーライトなしのものや抑制されたものがあります。いいなーほしいなぁー。

 

Kindle様を買うことができれば、それに越したことないでしょうが、なんちゃってミニマリストの私としては、本を読むためだけの媒体は買いたくないのです(負け犬の遠吠え)。

 

そこで調べてみたら、こんなのがありました。これを貼るとブルーライトカット90%カットできるらしいです。

ちょうど、私のiPhoneがぶっつぶれて修理に持ってたら、購入時に貼ってもらったフィルムを剥がされてしまったので、修理が終わって取りに行く時、これ買って持って行こうかな(ただいま代替機使用中。)。

でもちょっと、明るいところでは見えにくいみたいなので、どうしようかなぁ。一度貼ったら、簡単に剥がせないし。

 

というわけで、今のところは、持っていたJINSブルーライトカットのメガネをかけています(今もパソコンの前でかけています。)。色つきレンズの茶色っぽいフレームのと、色なしレンズの赤っぽいフレームのと2つ持っています。

で、この機会に調べてみると、J!INのブルーライトカットのメガネって、

デイリーユースのブルーライト25%カットのもの

【JINS SCREEN クリアレンズ】 アイコン (LIQUID BLUE)

【JINS SCREEN クリアレンズ】 アイコン (LIQUID BLUE)

 

 

PCやスマホを長時間利用する人用のブルーライト38%カットのもの

 

寝る前のスマホのお供用のブルーライト60% カットのものがありました。 

JINS SCREEN NIGHT USE スクエア VIOLET

JINS SCREEN NIGHT USE スクエア VIOLET

 

こうやって順番に見ていくと、ブルーライトカットの割合が高くなるに従って、どんどんレンズが黄色くなっていくのがよくわかりますね。

 

私自身、色付きのと色なしのと2つを、適当に使っていましたので、今後は色つきを夜に使うようにしたいと思います。

 

ちなみに、JINSの回し者でもなんでもないのですが、私はブルーライトカットのメガネ以外にもう1つ持ってるんです。

 

 こちらのモイスチャーというやつでして、目の潤いをキープするものなんです。

 上の写真だとわかりにくいのですが、レンズの横にタンクがついてて、そこにスポイトで水を入れておくと、少しずつそこから水が蒸発して目が潤うというやつなんです。

 

f:id:tetuneco:20160207215443p:image

 JINS Moisture® - 機能性アイウエア | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)

 

タンクは、フレームと同じ色のものとクリアと2つ付いていて入れ替え可能です。

これは冬場の目の乾燥にはとても良くて、私は職場で愛用しています。私的には、目の乾燥と合わせて、目の周りも潤して、目尻のこじわ対策にならないかなぁと勝手に期待を寄せていたりもします。

 

それでですね、このモイスチャーを買ってから後で気づいたのですが、このモイスチャーのフレームにブルーライトカットのレンズを入れることができるんです。

今度買うときは、JINSのモイスチャーのフレームにブルーライトカットのレンズにカスタマイズしたいと思います!

 

あ、そうそう、このモイスチャーのフレームは、フレームが太くなっている分、視界が狭くなりますので、職場で使ってると、上司が近づいてきてても気が付かなかったりすることがあるので、注意してくださいね!

 

ネットからでも JINSscreen のカスタマイズでモイスチャーのフレームを選ぶことができますよ!お試しください! 

 

追記

今日も、愛用のPCメガネかけてたのですが、どっかいって、探すこと10分。

f:id:tetuneco:20160208233332j:imageありました。目以外のところが悪いみたいです。

 

 

kindle-howto.hatenadiary.jp