気がつけば電子書籍派

Kindle本を読むときのあれこれ・Kindle関連のいろいろ

Kindleアプリ使い方(iPhone)  しおりをはさみたい! ドックイヤーを付けてブックマーク!

こんにちは。
今日は、Kindle本にしおりを挟んでみたいと思いますー。
 
下の画面を見てください。
えとーこれ、「迷路館の殺人」(綾辻行人)という小説の舞台となっている迷路館の見取り図なんです。
ここで殺人事件が繰り広げられるわけで、ちゃんと把握しておかなければならないんだけど、見てのとおり複雑すぎて訳わからないし、覚えられそうにない。
そんなとき紙の本だと、しおりを挟んだり、付箋を貼ったり、ドッグイヤー(ページの端っこをちょっと折る)にしたりしますが・・・
Kindleだとどうしたらいいのでしょう・・・
このままだと、迷子になりますいろんな意味で。

f:id:tetuneco:20160121205141p:image

 

しおりを挟む感じで、ドッグイヤーを付けよう

 ではまず、しおりを挟みたい!と思うページの真ん中あたりをタップしてみましょう。
まずは、この96ページ(画面下の「No.96/4173」はページ数を示しています。)
 

f:id:tetuneco:20160121205200p:image

 
タップするとこんな画面になります。
右上のリボンのようなマークをタップします。
 

f:id:tetuneco:20160121205205p:image

 
リボンの色が青に変わりました。
これでドッグイヤーができました。
真ん中をタップして元の画面に戻りましょう。
 

f:id:tetuneco:20160121205210p:image

 
小さいですが、 ドッグイヤーができました。
ちゃんと折れてるあたり、芸がこまかいですよね・・・

f:id:tetuneco:20160121205155p:image

 
ついでに、すぐ忘れちゃうので、次のページの「主な登場人物」のページ(97ページ)もドックイヤーをつけてみました。
 

f:id:tetuneco:20160121205149p:image

 

ドックイヤーを付けたページを見てみましょう

さてここで、ドッグイヤーをつけた、あのへんてこりんな見取り図のページに移動したいと思います。
1ページ前のページに戻るだけなのですが、ここはあえて、ドックイヤーを付けたページがどう管理されていくか、見ておきましょう。
 
では、また、真ん中あたりをタップしてみましょう

f:id:tetuneco:20160121205217p:image

 
 
すると下の画面になりますので、
画面の左下のノートの絵をタップします。

f:id:tetuneco:20160121205231p:image

 
すると、下の画面、マイノートが表示され、ドッグイヤーしたところはブックマークとして整理されています。
 
上の四角内は、位置96となっていますので、迷路館の見取り図のページです。
見取り図は文字ではないので、マイノート内には、何も表示されていません。
 
下の四角内は、位置97となっていますので、「主な登場人物」が表示されています。
 
それぞれ、表示させたいブックマークの四角内をタップするとそのページに移動します。
 
 

f:id:tetuneco:20160121205237p:image

 

 

これで、物語の途中で、見取り図を見たり、登場人物を確認したりすることができます!

あ、今読んでいるページにもドッグイヤーを忘れずにねー!

ではでは、楽しい読書ライフをお過ごし下さい!

 

【その他の使い方記事】

kindle-howto.hatenadiary.jp

kindle-howto.hatenadiary.jp

kindle-howto.hatenadiary.jp

kindle-howto.hatenadiary.jp

kindle-howto.hatenadiary.jp

kindle-howto.hatenadiary.jp